献立に迷ったときのお助けメニューです。
一口高野豆腐を出しで炊きます。
煮汁がなくなる寸前まで炊いて、冷ましておきます。
冷めたら豚肉の薄切り肉で包んで、フライパンで転がしながら焼きます。
お肉に火が通ったらできあがりです。
b0246036_10062614.jpg
口の中で高野豆腐と肉の旨味がとけあいます。

[PR]
# by ayabe-uegaki | 2017-05-20 10:08 | 上柿の食卓 | Comments(0)

藤のアーチ

北斗農園から自宅に帰る時、よく通るのが博労坂(ばくろさか)という坂道です。

b0246036_14085432.jpg
運転中何気なく上をみたら、藤つるが道をまたいで向こう側へとかかってました。
b0246036_14125936.jpg
これって、自然にできた藤のアーチ?

b0246036_14171208.jpg
わらびをマヨネーズで食べるとおいしいと聞いたので
灰汁ぬきしたわらびに鰹節とマヨネーズと醤油をかけていただきました。
オツな味でした。



[PR]
# by ayabe-uegaki | 2017-05-19 14:21 | 田舎暮らし | Comments(0)

ポピー

b0246036_14223957.jpg
ポピーが大好きなので、こぼれ種で毎年庭に咲くように
芽を出したポピーを引かないように、春先の草引きには細心の注意をはらいます。

b0246036_14271824.jpg
ポピーとスイトピーとニゲラが我が庭の初夏の定番です。
b0246036_14302084.jpg
一日で散ってしまう花ですが、庭一面に咲くとあでやかです。

地元産のウドでキンピラを作りました。皮ごと調理します。
b0246036_14345461.jpg

[PR]
# by ayabe-uegaki | 2017-05-18 14:35 | 庭の草花 | Comments(0)

柵の中での野菜作り

ずーと昔、鹿除けや猿除けのために畑に囲いをして耕作してられるのを見て
『なんだか人間が檻の中に入っているみたいだね。』と
北斗農園の母と話した記憶があります。
今では、北斗農園も鳥獣害から農園を守るため柵で囲まれています。
b0246036_14061407.jpg
そして、北斗農園の母も柵の中で夏野菜を栽培するようになりました。
b0246036_14093935.jpg
北斗農園のそこかしこに自生している山みつばと厚揚げと
京丹波町産のはたけしめじの炊き合わせです。

[PR]
# by ayabe-uegaki | 2017-05-17 14:12 | 北斗農園 | Comments(0)

摘んだ花山椒を舞鶴のあけぼのフェニックス・松嶋さんに加工してもらいました。
彼女は山里れすとらん・四季の詩のオーナーであり、食品加工のプロです。
『こんな感じに加工してほしい。』と言うと、ドンピシャの形で製品化してくれました。

摘んだ花山椒を自分で佃煮にして冷凍し、知り合いに差し上げたりしていましたが、
消費しきれず、冷凍庫には昨年と一昨年の花山椒の佃煮が入っていました。
保健所の認可をとった加工所で製品化すれば、売ることも可能ですし、
誰かに差し上げるにしても体裁がいいなと思い、お願いしました。
b0246036_05344551.jpg
素敵な出来栄です。ひと瓶に50グラム入っています。
ちなみに販売するとしたら、1200円以上だそうです。

今回改めて、持つべきものは良き友ということを実感しました。

[PR]
# by ayabe-uegaki | 2017-05-16 05:40 | 上柿の食卓 | Comments(1)