カテゴリ:上柿の食卓( 154 )

献立に迷ったときのお助けメニューです。
一口高野豆腐を出しで炊きます。
煮汁がなくなる寸前まで炊いて、冷ましておきます。
冷めたら豚肉の薄切り肉で包んで、フライパンで転がしながら焼きます。
お肉に火が通ったらできあがりです。
b0246036_10062614.jpg
口の中で高野豆腐と肉の旨味がとけあいます。

[PR]
by ayabe-uegaki | 2017-05-20 10:08 | 上柿の食卓 | Comments(0)

摘んだ花山椒を舞鶴のあけぼのフェニックス・松嶋さんに加工してもらいました。
彼女は山里れすとらん・四季の詩のオーナーであり、食品加工のプロです。
『こんな感じに加工してほしい。』と言うと、ドンピシャの形で製品化してくれました。

摘んだ花山椒を自分で佃煮にして冷凍し、知り合いに差し上げたりしていましたが、
消費しきれず、冷凍庫には昨年と一昨年の花山椒の佃煮が入っていました。
保健所の認可をとった加工所で製品化すれば、売ることも可能ですし、
誰かに差し上げるにしても体裁がいいなと思い、お願いしました。
b0246036_05344551.jpg
素敵な出来栄です。ひと瓶に50グラム入っています。
ちなみに販売するとしたら、1200円以上だそうです。

今回改めて、持つべきものは良き友ということを実感しました。

[PR]
by ayabe-uegaki | 2017-05-16 05:40 | 上柿の食卓 | Comments(1)

筍のちらし寿司

友達のブログに、筍のちらし寿司の作り方がのっていました。

シーチキンで具材(筍や人参)を炊いて、それを酢飯と混ぜるやり方です。
b0246036_16070950.jpg
これはこれで、おいしかったです。

[PR]
by ayabe-uegaki | 2017-05-12 16:08 | 上柿の食卓 | Comments(0)

 
  昨年初秋にまいた花菜のできがよくて、エビと酢味噌和えにしたり
  
b0246036_757869.jpg

  厚揚げと炊いたりしました。
  
b0246036_7583370.jpg

  水ぶきも今が旬で、あっさりと炊くと香りもよくておいしいです。
  
b0246036_811536.jpg

  原木椎茸も今春は、3・4・5月と長いこと採れました。
  小松菜の豚肉巻きと炊いたり
  
b0246036_834487.jpg

  鶏肉と炒めたりしました。
  
b0246036_862652.jpg

  自家で採れた食材があるってことは、自給自足にちょっとでも近づいたかなとい感じです。
[PR]
by ayabe-uegaki | 2017-05-07 08:09 | 上柿の食卓 | Comments(0)

一枚690円のかまぼこ

   近くのスーパーで地元のおいしいものフェアをしていました。
   その時目に留まったのがこれです。
   
b0246036_13505388.jpg

   舞鶴のとれとれ市場でしか常時扱っていない蒲鉾だそうです。
   一枚690円というお値段にちょっと引いてしまいましたが
   以前、『とれとれ市場に行くと、700円の特上蒲鉾を売っている。』
   という話を聞いたことを思い出して、帰省する息子のために買い求めました。
   確かに、本来蒲鉾とはこんなにもおいしいものだったんだという味でした。
   魚の旨味が凝縮されている感じでした。
   
[PR]
by ayabe-uegaki | 2017-05-06 14:02 | 上柿の食卓 | Comments(0)

花山椒摘み

   苗代の準備をする頃になると、花山椒摘みの時季です。
   
b0246036_551226.jpg

   山椒は雌雄別株で、雌株の花は実山椒になり、雄株の花は結実せずに散っていきます。
   我が家の庭や畑には、鳥のおかげで山椒の木が何本も生えています。
   
b0246036_5552710.jpg

   雄株の花が咲いて黄色い花粉が指先につくようになると、花山椒の摘みごろです。
   酒・味醂・白だし(水は一滴も使いません)で炊いて佃煮にします。
   今年は舞鶴市岡田のあけぼのフェニックスさんに加工をお願いしました。
   こちらは雌株の花です。
   
b0246036_684569.jpg

   雄株(花山椒)の花は、柔らかそうな感じですが、
   雌株(実山椒)の花はツンツンして角っぽいです。
   実際に見比べてみると、区別がつくようになります。
   畑で採れた高菜を漬けて、めはり寿司を作りました。
   
b0246036_6185266.jpg

   初めてにしては、まぁまぁかな?
   
[PR]
by ayabe-uegaki | 2017-05-04 06:19 | 上柿の食卓 | Comments(0)

年末の魚幸さん

   年末の30日に、魚幸さんへ行ってきました。
   魚幸さんのお店の方から、『ブログで知ったからとお客様が来て下さいました。』と
   言っていただきました。
   コツコツとブログをかいていると、こういうこともあるんですね。
   【三色もり刺身】どう見ても、4種類入っているのに色は3つってことかな?
   容器がグレードアップして、380円でした。
   
b0246036_1772754.jpg

   【ヒラメの刺身】同じ値段ですずきの刺身もあったのですが、ヒラメにしました。
   きれいに造ってあって300円でした。
   
b0246036_17141417.jpg

   【カワハギ】旬だと思って買い求めました。1パック270円でした。
   
b0246036_1716451.jpg

   【カワハギの煮つけ】夕飯の後煮つけて、あくる朝みたら煮凝りができていました。
   
b0246036_17191813.jpg

   久しぶりの煮凝りで美味しかったです。もったいないからキンピラごぼうに使いました。
   【焼き鯛】縁起物の焼き鯛がでていました。舞鶴産で360円でした。
   
b0246036_17225215.jpg

   2日にお米3合・ささがきごぼう・人参・丸のままの鯛・調味料で鯛めしにしました。
   炊き上がったら、鯛を取り出し骨や頭を除いて、ほぐした身をごはんとまぜます。
   鯛めしのできあがりです。
  
[PR]
by ayabe-uegaki | 2017-01-06 17:28 | 上柿の食卓 | Comments(0)

原木椎茸どっさり

    家の裏庭にある原木椎茸がにょきにょきでてきました。
    
b0246036_15363964.jpg

    よそ様では椎茸があがっているらしいのに、我が家は皆無と思っていたら
    
b0246036_15383422.jpg

    20本ほどの原木のうち2本だけ椎茸があがりはじめました。
    と思っていたら、あっという間に大豊作に。
    
b0246036_15412221.jpg

    籠一杯に収穫です。
    バター焼きにしたり
    
b0246036_15444357.jpg

    フライにしたりと椎茸三昧です。
    
    地元のJA彩菜館(さいさいかん)では、400グラム300円で売っていました。
    
[PR]
by ayabe-uegaki | 2016-11-24 15:48 | 上柿の食卓 | Comments(0)

  先月からずっと野菜の値段が高騰していますが、
  我が家では、なんとか自家野菜でまかなっています。
  
b0246036_1627714.jpg

  琉球四角豆と丸オクラが家で食べる分くらいは採れます。
  イワシのつみれのから揚げと、琉球四角豆と丸オクラの天ぷらです。
  四角豆は切ってゆがいて、ウインナと炒めてみました。
  
b0246036_16362554.jpg

  
  きゅうりもまだなっていますし、赤ピーマンもパプリカ替わりになります。
  
b0246036_1637611.jpg


  とうがらし類やなすも細々と食べるくらいはできます。
  
b0246036_16373866.jpg

  
[PR]
by ayabe-uegaki | 2016-11-05 16:38 | 上柿の食卓 | Comments(0)

栗入り青小豆ごはん

   小豆の収穫時季になると、必ず作るのが青小豆ごはんです。
   
b0246036_13231595.jpg

   青い莢の小豆を生のままで(乾燥させずに)、お米と一緒に炊飯します。
   (栗は前もって堅めに湯がいておきます。)

   この前の日曜日に京都から北斗農園に来られた若いM夫妻が
   母が炊いた栗入り青小豆ごはんを召し上がって、感激されていました。

   我が家では、紫白菜のベーコン鍋といただきました。
   
b0246036_133143100.jpg

[PR]
by ayabe-uegaki | 2016-11-02 13:32 | 上柿の食卓 | Comments(0)