カテゴリ:北斗農園( 266 )

柵の中での野菜作り

ずーと昔、鹿除けや猿除けのために畑に囲いをして耕作してられるのを見て
『なんだか人間が檻の中に入っているみたいだね。』と
北斗農園の母と話した記憶があります。
今では、北斗農園も鳥獣害から農園を守るため柵で囲まれています。
b0246036_14061407.jpg
そして、北斗農園の母も柵の中で夏野菜を栽培するようになりました。
b0246036_14093935.jpg
北斗農園のそこかしこに自生している山みつばと厚揚げと
京丹波町産のはたけしめじの炊き合わせです。

[PR]
by ayabe-uegaki | 2017-05-17 14:12 | 北斗農園 | Comments(0)

筍とわらび

    
b0246036_8155038.jpg

    今年は筍は裏作の年らしく、あまりあがってきません。
    次から次へとにょきにょき出てくる筍の対応に追われた昨年に比べ
    余裕をもって竹林を眺められます。
    
b0246036_8202739.jpg

    中華風筍にしてもおいしいです。
    
b0246036_8245229.jpg

    北斗農園ではわらびもいっぱい採れます。
    
b0246036_8224813.jpg

    自家の原木椎茸と炊いてみました。
    
[PR]
by ayabe-uegaki | 2017-05-05 08:26 | 北斗農園 | Comments(0)

北斗農園の梅

   北斗農園内にある梅林が見ごろの時季を迎えました。
   
b0246036_161976.jpg

   しだれ梅もきれいに咲いています。
   
b0246036_1620337.jpg

   今年は園全体を柵で囲ったので、鳥獣害に今のところあっていません。
   
b0246036_16225710.jpg

   園内の草むらには
   
b0246036_1624294.jpg

   すみれの可憐な花が・・・
   
b0246036_16254324.jpg

   ふきのとうもでています。
   
b0246036_16271843.jpg

   梅が咲いたら、桜・李・桃と北斗農園は花盛りの時季が続きます。
[PR]
by ayabe-uegaki | 2017-03-31 16:30 | 北斗農園 | Comments(1)

北斗農園も雪の中

  昨日から降り続く雪・・・朝起きてみれば、我が家の軒下にもつららが下がっていました。
  
b0246036_15564395.jpg

  つららを見るのは何年ぶりでしょうか。
  
b0246036_1558098.jpg

  北斗農園はどうなっているのかと心配になって、夫と一緒に見に行ってきました。
  
b0246036_160435.jpg

  一面の雪原です。
  
b0246036_1611247.jpg

  でも、鈴木さんがユンボで除雪してくれた跡がありました。
  
b0246036_1623768.jpg

  母も元気に過ごしてくれていて、やれやれです。
  【柚子巻き大根】
  
b0246036_1641090.jpg

  手間はかかるけどおいしさには勝てず、作りました柚子巻き大根です。
[PR]
by ayabe-uegaki | 2017-01-15 16:05 | 北斗農園 | Comments(0)

  昨年は、北斗農園を通じて、様々な方々と知り合うことができました。

  季の美のナンバーワン・ドリンクさんには
  北斗農園にあるものの価値に気づかされました。

  ヴィータレンタさんからは、
  本格的なパネットーネが中丹地区でも手に入ることを教えていただきました。

  南丹市の塩貝さんには、丹波栗や丹波黒豆を粉末にして料理やお茶に
  
b0246036_15372166.jpg

  黄な粉にして利用する加工法を学びました。
  
b0246036_15384328.jpg

  北斗農園の栗が形をかえて、生まれ変わるのはうれしいです。

  いろんな方のいろんなお知恵を拝借して、
  今年も北斗農園のお手伝いをしていけたらと思います。
[PR]
by ayabe-uegaki | 2017-01-04 15:42 | 北斗農園 | Comments(0)

北斗農園を鉄柵で囲う

    北斗農園もここ数年鳥獣の害がひどくなりました。
    特に今年は熊・アライグマ・イノシシが出没して果物を食い荒らしました。
    そこで北斗農園をグルリと鉄柵で囲うことにしました。

    
b0246036_1114346.jpg

    鉄柵・通称メッシュは、市の農林課から無償提供していただきましたが
    (いろいろとクリアしなければならない条件があります。)
    鉄柵を張り巡らす労力は当事者負担です。
    
b0246036_1118481.jpg

    隣接地の地主さんの了解もいります。
    
b0246036_11201485.jpg

    隣接地が耕作放棄地になっている場合は、敷設の作業も重労働になります。

    人間の方が囲いの中で仕事をする事態になってきたかと、暗澹たる思いですが
    こうでもしないと、農業が続けられない状況になっています。
[PR]
by ayabe-uegaki | 2016-12-23 11:26 | 北斗農園 | Comments(0)

   京都蒸溜所で生産されているお酒のジン『季の美』には、北斗農園の柚子が使われています。
   
b0246036_1359327.jpg

   無農薬栽培の柚子を求めて、昨年末に北斗農園に来園されました。

   今秋も京都蒸溜所の関係者の方々が、わざわざ北斗農園まで柚子の収穫にきて下さいました。
   何回か来て下さったのですが、最終グループの方々は英国の方でした。
   
   
b0246036_1472073.jpg

   園内に咲きこぼれる山茶花を美しいとほめてくださり
   
b0246036_14101910.jpg

   北斗農園の景色を見直しました。
   
b0246036_14132848.jpg

   
b0246036_14141340.jpg

   
[PR]
by ayabe-uegaki | 2016-12-10 14:15 | 北斗農園 | Comments(0)

柚子のもり

  
b0246036_14153415.jpg

  北斗農園の亡き父が、娘の嫁ぎ先の畑に植えてくれた柚子は
  40年近い歳月を経て、柚子の森となりました。
   
  娘夫婦(私たち夫婦)は、毎年たわわに実る柚子の恵みに感謝しながら
  柚子の守として暮らしています。

  今年も昨年に引き続き、
  京都蒸留所さんのお酒のジンの香りづけとして大実柚子を京都に出荷
  同じく京都の柑橘館河田商店さんへ柚子サイダーの原料として多田錦をだします。
  
b0246036_14262911.jpg

  京都蒸留所の方々も河田さんも『1個1個手作業での柚子の収穫は大変でしょう。』と
  柚子の収穫に来てくださいます。
  柚子が取り持ってくれたご縁です。
  
b0246036_14353584.jpg

  柚子のもりから、大実柚子は130キロ多田錦は300キロあまり収穫できました。
  まだまだ実をつけている柚子の木です。総収穫量はどのくらいになるのでしょうか?
[PR]
by ayabe-uegaki | 2016-12-02 14:40 | 北斗農園 | Comments(0)

田舎に暮らすという事

   北斗農園の経営継承者である鈴木さんは、10月から地元物部町で暮らしはじめました。

   子どもたちは4月の新学期から物部保育園と物部小学校に通っています。

   物部でのさまざまなつながりや知り合いも増えて、
   鈴木一家の存在も知られるようになりました。

   そこで過疎による慢性的な人手不足に悩む物部地域にとっては、
   鈴木さんはまたとない助っ人らしく
   秋祭りの要員や保育園と小学校のPTAの役などが怒涛のように押し寄せてきています。
   まして、彼は農業という自営業ですから、時間の自由がきくと思われているようです。
   晴天の農作業日和にも、PTA活動などに出かけていきます。

   農作業には旬というのがあって、時季を逃すと作物がうまく育たないことがあります。
   鈴木さんは地域に受け入れてもらうためにも、地域のおつきあいを優先しているようですが
   農園経営の側からみると、どうかな?と思うこともあります。
   
b0246036_15474090.jpg

   北斗農園の銀杏が一斉に色づいてきました。
   
b0246036_1549761.jpg

   15本ほどの銀杏が黄色くなる景色には圧倒されます。
   
b0246036_1550543.jpg

   銀杏のすぐそばには、野菊が咲いていました。
   
b0246036_1552833.jpg

[PR]
by ayabe-uegaki | 2016-11-22 15:52 | 北斗農園 | Comments(0)

北斗農園のお手伝い

   6日(日)は北斗農園の地元・物部地区の文化祭でした。

   今年も出店することにしたのですが、後継者の鈴木さんも物部地区の住民になったことだし
   彼が中心になって、出店の準備及び出店すればいいと思っていました。

   ところが、当日家族中で参加した鈴木さんは、1歳半になる坊やの面倒をみたり
   小学1年生の娘さんの合唱のステージを見に行ったりと。店番どころではありません。

   結果、午前中は夫が、午後は私が店番のお手伝いをしました。
    
   しばらくは、北斗農園のお手伝い要員として、かかわっていかないといけないようです、

   北斗農園の銀杏もようやく色づきはじめました。
   
b0246036_14502738.jpg


   道沿いに何本もの銀杏の木があるので、黄色の葉っぱがひらひら舞う光景は美しいです。
   
b0246036_14531594.jpg

   でも、熊の出没がひどくて、柿林の中へは連日のように出て来ています。
   市の農林課によると、今月になってから熊の目撃情報が綾部市だけで73件あったそうです。
   
b0246036_14571992.jpg

   柿林の手前にはみかんが実っています。熊ってみかんも食べるのでしょうか?
[PR]
by ayabe-uegaki | 2016-11-08 14:59 | 北斗農園 | Comments(0)