カテゴリ:北斗農園( 264 )

北斗農園の梅

   北斗農園内にある梅林が見ごろの時季を迎えました。
   
b0246036_161976.jpg

   しだれ梅もきれいに咲いています。
   
b0246036_1620337.jpg

   今年は園全体を柵で囲ったので、鳥獣害に今のところあっていません。
   
b0246036_16225710.jpg

   園内の草むらには
   
b0246036_1624294.jpg

   すみれの可憐な花が・・・
   
b0246036_16254324.jpg

   ふきのとうもでています。
   
b0246036_16271843.jpg

   梅が咲いたら、桜・李・桃と北斗農園は花盛りの時季が続きます。
[PR]
by ayabe-uegaki | 2017-03-31 16:30 | 北斗農園 | Comments(1)

北斗農園も雪の中

  昨日から降り続く雪・・・朝起きてみれば、我が家の軒下にもつららが下がっていました。
  
b0246036_15564395.jpg

  つららを見るのは何年ぶりでしょうか。
  
b0246036_1558098.jpg

  北斗農園はどうなっているのかと心配になって、夫と一緒に見に行ってきました。
  
b0246036_160435.jpg

  一面の雪原です。
  
b0246036_1611247.jpg

  でも、鈴木さんがユンボで除雪してくれた跡がありました。
  
b0246036_1623768.jpg

  母も元気に過ごしてくれていて、やれやれです。
  【柚子巻き大根】
  
b0246036_1641090.jpg

  手間はかかるけどおいしさには勝てず、作りました柚子巻き大根です。
[PR]
by ayabe-uegaki | 2017-01-15 16:05 | 北斗農園 | Comments(0)

  昨年は、北斗農園を通じて、様々な方々と知り合うことができました。

  季の美のナンバーワン・ドリンクさんには
  北斗農園にあるものの価値に気づかされました。

  ヴィータレンタさんからは、
  本格的なパネットーネが中丹地区でも手に入ることを教えていただきました。

  南丹市の塩貝さんには、丹波栗や丹波黒豆を粉末にして料理やお茶に
  
b0246036_15372166.jpg

  黄な粉にして利用する加工法を学びました。
  
b0246036_15384328.jpg

  北斗農園の栗が形をかえて、生まれ変わるのはうれしいです。

  いろんな方のいろんなお知恵を拝借して、
  今年も北斗農園のお手伝いをしていけたらと思います。
[PR]
by ayabe-uegaki | 2017-01-04 15:42 | 北斗農園 | Comments(0)

北斗農園を鉄柵で囲う

    北斗農園もここ数年鳥獣の害がひどくなりました。
    特に今年は熊・アライグマ・イノシシが出没して果物を食い荒らしました。
    そこで北斗農園をグルリと鉄柵で囲うことにしました。

    
b0246036_1114346.jpg

    鉄柵・通称メッシュは、市の農林課から無償提供していただきましたが
    (いろいろとクリアしなければならない条件があります。)
    鉄柵を張り巡らす労力は当事者負担です。
    
b0246036_1118481.jpg

    隣接地の地主さんの了解もいります。
    
b0246036_11201485.jpg

    隣接地が耕作放棄地になっている場合は、敷設の作業も重労働になります。

    人間の方が囲いの中で仕事をする事態になってきたかと、暗澹たる思いですが
    こうでもしないと、農業が続けられない状況になっています。
[PR]
by ayabe-uegaki | 2016-12-23 11:26 | 北斗農園 | Comments(0)

   京都蒸溜所で生産されているお酒のジン『季の美』には、北斗農園の柚子が使われています。
   
b0246036_1359327.jpg

   無農薬栽培の柚子を求めて、昨年末に北斗農園に来園されました。

   今秋も京都蒸溜所の関係者の方々が、わざわざ北斗農園まで柚子の収穫にきて下さいました。
   何回か来て下さったのですが、最終グループの方々は英国の方でした。
   
   
b0246036_1472073.jpg

   園内に咲きこぼれる山茶花を美しいとほめてくださり
   
b0246036_14101910.jpg

   北斗農園の景色を見直しました。
   
b0246036_14132848.jpg

   
b0246036_14141340.jpg

   
[PR]
by ayabe-uegaki | 2016-12-10 14:15 | 北斗農園 | Comments(0)

柚子のもり

  
b0246036_14153415.jpg

  北斗農園の亡き父が、娘の嫁ぎ先の畑に植えてくれた柚子は
  40年近い歳月を経て、柚子の森となりました。
   
  娘夫婦(私たち夫婦)は、毎年たわわに実る柚子の恵みに感謝しながら
  柚子の守として暮らしています。

  今年も昨年に引き続き、
  京都蒸留所さんのお酒のジンの香りづけとして大実柚子を京都に出荷
  同じく京都の柑橘館河田商店さんへ柚子サイダーの原料として多田錦をだします。
  
b0246036_14262911.jpg

  京都蒸留所の方々も河田さんも『1個1個手作業での柚子の収穫は大変でしょう。』と
  柚子の収穫に来てくださいます。
  柚子が取り持ってくれたご縁です。
  
b0246036_14353584.jpg

  柚子のもりから、大実柚子は130キロ多田錦は300キロあまり収穫できました。
  まだまだ実をつけている柚子の木です。総収穫量はどのくらいになるのでしょうか?
[PR]
by ayabe-uegaki | 2016-12-02 14:40 | 北斗農園 | Comments(0)

田舎に暮らすという事

   北斗農園の経営継承者である鈴木さんは、10月から地元物部町で暮らしはじめました。

   子どもたちは4月の新学期から物部保育園と物部小学校に通っています。

   物部でのさまざまなつながりや知り合いも増えて、
   鈴木一家の存在も知られるようになりました。

   そこで過疎による慢性的な人手不足に悩む物部地域にとっては、
   鈴木さんはまたとない助っ人らしく
   秋祭りの要員や保育園と小学校のPTAの役などが怒涛のように押し寄せてきています。
   まして、彼は農業という自営業ですから、時間の自由がきくと思われているようです。
   晴天の農作業日和にも、PTA活動などに出かけていきます。

   農作業には旬というのがあって、時季を逃すと作物がうまく育たないことがあります。
   鈴木さんは地域に受け入れてもらうためにも、地域のおつきあいを優先しているようですが
   農園経営の側からみると、どうかな?と思うこともあります。
   
b0246036_15474090.jpg

   北斗農園の銀杏が一斉に色づいてきました。
   
b0246036_1549761.jpg

   15本ほどの銀杏が黄色くなる景色には圧倒されます。
   
b0246036_1550543.jpg

   銀杏のすぐそばには、野菊が咲いていました。
   
b0246036_1552833.jpg

[PR]
by ayabe-uegaki | 2016-11-22 15:52 | 北斗農園 | Comments(0)

北斗農園のお手伝い

   6日(日)は北斗農園の地元・物部地区の文化祭でした。

   今年も出店することにしたのですが、後継者の鈴木さんも物部地区の住民になったことだし
   彼が中心になって、出店の準備及び出店すればいいと思っていました。

   ところが、当日家族中で参加した鈴木さんは、1歳半になる坊やの面倒をみたり
   小学1年生の娘さんの合唱のステージを見に行ったりと。店番どころではありません。

   結果、午前中は夫が、午後は私が店番のお手伝いをしました。
    
   しばらくは、北斗農園のお手伝い要員として、かかわっていかないといけないようです、

   北斗農園の銀杏もようやく色づきはじめました。
   
b0246036_14502738.jpg


   道沿いに何本もの銀杏の木があるので、黄色の葉っぱがひらひら舞う光景は美しいです。
   
b0246036_14531594.jpg

   でも、熊の出没がひどくて、柿林の中へは連日のように出て来ています。
   市の農林課によると、今月になってから熊の目撃情報が綾部市だけで73件あったそうです。
   
b0246036_14571992.jpg

   柿林の手前にはみかんが実っています。熊ってみかんも食べるのでしょうか?
[PR]
by ayabe-uegaki | 2016-11-08 14:59 | 北斗農園 | Comments(0)

ふき子応援団

   北斗農園の母の周りには、何故か人が集まってきます。
   老若男女を問わず、ふき子応援団とでも呼ぶべき人達の輪があります。

   今回も東京から素敵なご夫婦が北斗農園に来て下さいました。
   母からすれば、息子・娘世代のW夫妻です。

   奥様のお父様と母の妹婿さんとが戦友という間柄で、
   母の妹夫婦と一緒に北斗農園に来られたのがきっかけです。

   温厚なご主人と東京育ちのチャキチャキした奥様が、
   なんで北斗農園および母に魅力を感じて来て下さるのかわかりませんが
   知り合ってから何度も北斗農園に来て下さってます。

   今回は24日から26日までの滞在でした。

   W夫妻以外にも、プチ家出と称して大阪から来られる70代のY女史や
   20代後半から北斗農園通をしてくれてる京都のMさん
   そのほか大勢の方々がふき子応援団としていてくれています。
   娘として有り難いことだと思っています。

   【中山道 すや謹製 栗きんとん】
    
b0246036_16311151.jpg


   W夫妻のお土産です。栗の上品な味でした。
[PR]
by ayabe-uegaki | 2016-10-27 16:35 | 北斗農園 | Comments(0)

老いるという事!その3

  最近は、ほぼ毎日夫か私かが北斗農園へ顔出しするようにしています。

  スーパーの地場野菜コーナーに出荷する品物を取りに行ったり、
  農園の仕事の手伝いをしたり、母の日常生活を支える雑事をしています。

  夫婦で行けるときは一緒に行きますが、
  一人で行ったときは、帰宅してから相方に報告し、
  母に関する事象を共有するようにしています。
 
  そして、夫婦で母への対応をどうしたらいいか話し合っています。
  つまりは、夫婦で対策会議をしているようなものです。

  おかげで、何日ぶりかで母の家へ行ったときも、すぐに母の状況がのみこめます。

  鈴木さんと接する機会も増え、母の話を一方的に聞くということもなくなりました。

  親の老後に対処するには、遠くに住む兄妹(母のこども)に頼るよりも
  パートナーの力を拝借した方が、現実的な選択肢かなとも思います。
  夫にはとても感謝しています。
  
  【姫冬瓜のあんかけ】
b0246036_15454715.jpg

  【ミニトマトの豚肉巻き】
b0246036_1549969.jpg

  【揚げナスの万願寺味噌かけ】
b0246036_15505450.jpg


 
[PR]
by ayabe-uegaki | 2016-10-22 15:52 | 北斗農園 | Comments(0)