<   2012年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

2月のビックリ

                 2月のビックリです。


しいたけの原木を買いましたが、いっこうにあがりません。

逆さにしたらあがると言われて上下をひっくり返したら、本当にあがりました。

b0246036_21375241.jpg








ニョキニョキといっぱいあがりました。おまけにひっくり返した原木すべてがです。

b0246036_21393283.jpg




      この長さ25メートルのハウスの水菜を、好きなだけ採ってといわれてビックリです。

出荷できるサイズになっていなかったり、葉の青さが薄いので売り物にならないからだそうです。

       無農薬・有機肥料栽培でとっても美味しい水菜なのに、もったいないことです。
[PR]
by ayabe-uegaki | 2012-02-29 06:57 | 未分類 | Comments(0)

       今評判の塩麹、知人に手作りの麹をわけてもらって挑戦しました。

        彼女曰く、『びっくりするほど、おいしいものではない感じ。』

         さらに、指示されたとおりの塩の分量では塩辛いとか。

        そこで、麹・塩・水の比率は3:1:4と言われているのですが、

         私は塩の比率を0・7にしました。(塩はピンクの岩塩を使用)

b0246036_652237.jpg





ジップロックに麹・塩・水を入れて、外からよくもんで常温で置いておきました。

b0246036_6553755.jpg







二日たっても変化なし。やたら塩辛いだけ。そこで気づきました。
常温といっても、台所の水道も凍結する気温で、発酵するには温度が足りないのでは?そこで日中はぬるま湯の中にいれておくと、一週間で塩麹らしきものができました。

b0246036_761425.jpg








早速舞鶴産さわらの切り身を塩麹に一時間ほど漬けこんで、米粉をつけてムニエルにしました。
塩加減もちょうどでおいしかったのですが、もともとがおいしい魚なので、塩麹のおかげとは??

b0246036_713298.jpg









次に秋鮭のスキンレス切り身を塩麹に漬けこみました。そのまま素焼きにしました。素材の味がいかされている味でした。





      


       塩麹を使うと劇的においしくなると聞いていたので、期待しすぎたように思います。

        確かにおいしくなるのですが、魔法の調味料というわけではないような・・・

                 今後、いろいろと試してみないとわかりませんが。
[PR]
by ayabe-uegaki | 2012-02-28 07:27 | 未分類 | Comments(0)

            綾部市は3ヶ所の浄水場をもっています。

          第一浄水場は、由良川(一級河川)から直接収水していますが、

       第二・第三浄水場は由良川の伏流水(地下水)を利用しています。

        第三浄水場は、我家から1キロ足らずのところにあります。

       地下水なので、冬は温かく夏は蛇口に水滴がつくほど冷たいです。

       飲んでみると、甘露というか塩素臭はまったくせず美味しい水です。



b0246036_1803484.jpg


浄水器も必要のないほど美味しい水です。

b0246036_1832066.jpg





























      

 





これで、10L・・・1・925円なのです。

b0246036_186315.jpg




     こんな美味しい水を、お風呂や洗濯に使ってもいいのか

           
           ・・・もったいないと思ってます。

         
        当然この水で作る料理はおいしくなります。

         
           桜えびの炊き込みごはんをつくりました。

           
            舞鶴に住んでいる娘によると、

           
             綾部の水で髪の毛を洗うと、
       
         
         洗い上がりが全然ちがうのだそうです。

    
        しなやかに、ふっわとリンスがいらないくらいだそうです。

          
          水は生活に必要不可欠なものだからこそ、


          クオリティの高いものが望ましいと思います。

   
      人口3万6千人の小さな、自然豊かな都市だからできることなのかもしれません。

          
          綾部のいいところを、またひとつ見つけました。
[PR]
by ayabe-uegaki | 2012-02-27 07:00 | 未分類 | Comments(0)

小あじが水揚げ」される季節になりました。

魚屋さんをのぞいたら、売ってました。

100グラム28円です。これで100円です。

b0246036_2193228.jpg

b0246036_21105092.jpg
















開いて柚子胡椒醤油をぬりました。

b0246036_21132054.jpg









ロールまきにして、パン粉をつけてフライにします。
[PR]
by ayabe-uegaki | 2012-02-26 06:00 | Comments(0)

舞鶴かね和(魚屋さん)へ行ってきました。

ほたるいかの釜揚げを売っていました。まだ、ほんのりと温かかったです。

b0246036_20452792.jpg





食べてみると、あまりのプリプリ感に感激!辛子味噌もかけずに、そのままいただきました。

b0246036_20481354.jpg






牡蠣のむき身が1パック300円だったので、新ごぼうと人参を加えて牡蠣ごはんを作りました。

















b0246036_20514647.jpg










生ひじきと玉ねぎ・ツナ缶を柚子ぽん酢であえた和風サラダです。作り方が簡単な割りに美味しい一品です。
[PR]
by ayabe-uegaki | 2012-02-25 06:00 | Comments(0)

チキンステーキ

キウイフルーツをはりつけておいた鶏のもも肉を、料理しました。

b0246036_91233.jpg






ニンニク醤油に漬けこんでおいたものを、蒸します。

b0246036_94655.jpg












蒸した鶏肉を、そのままフライパンで焼きます。













b0246036_972683.jpg





鶏肉の両面をこげめがつくまで焼いたら、残りの汁を煮詰めてソースにします。
キウイのほどよい甘さがきいたソースになります。
お箸で切れるほどの柔らかさです。
[PR]
by ayabe-uegaki | 2012-02-24 06:00 | Comments(0)

      昨年の初夏・たけのこの最盛期に、干したけのこを作って、保存しておきました。

     作り方は、たけのこの根元部分は薄く輪切りにし、先の部分は縦に4つ割りにします。

       これを熱湯でゆがいてザルに上げておき、天日干しにします。

         カチンコチンになるまで干したら出来上がりです。

        たけのこ一本分が両手に入るぐらいになります。まさに乾物です。

b0246036_928133.jpg





なんかわからない物体って感じです。

b0246036_9311478.jpg













水につけてもどし、それを気長にコトコトとゆでます。

b0246036_9383187.jpg















じゅうぶんに柔らかくなったたけのこだけを、甘く炊きます。次に他の食材を入れて味をつけ調理します。

b0246036_9471554.jpg

















黒豆の五目煮にすると、コリコリとした食感が独特です。
[PR]
by ayabe-uegaki | 2012-02-23 06:00 | Comments(0)

  魚屋さんをのぞいたら、舞鶴港に本日水揚げされたかますを2尾200円で売っていました。

b0246036_9481139.jpg


家でさばいてお刺身にしました。ついでにとろサーモンの短冊340円も買って盛り合わせました。
b0246036_9567100.jpg


b0246036_100093.jpg


この間のふきのとうを佃煮にしました。お刺身とふきのとうの佃煮で、赤ワインを楽しみましょう。
[PR]
by ayabe-uegaki | 2012-02-22 06:00 | Comments(0)

 キウイフルーツの力

キウイフルーツや梨は、肉類に切った果肉を張り付けておくと

酵素の働きで肉類が柔らかくおいしくなるって、知っていましたか?

収穫したキウイフルーツの内、小さくてそのまま食べるのが面倒なのを

ペタペタとお肉に張り付けて、タッパーに入れ一日以上冷蔵庫へ。

b0246036_1144689.jpg






豚肉の薄切りです。あと一回使うつもりで大きく切りました。

b0246036_118094.jpg







鶏肉のももです。このまま一緒に調理するので、キウイを細かくしています。

b0246036_11165910.jpg








豚肉ともやしの炒めものです。柚子胡椒醤油をかけています。

b0246036_11211263.jpg











前回のキウイを再度使いました。もちろんこれも豚肉です。一緒にキウイも炒めるといいらしいのですが、私はキウイは除きます。(あまりキウイが好きでないから)
春キャベツと炒めました。自家製タレをかけました。







      鶏のもも肉は、まだ冷蔵庫の中です。調理したら、ブログにアップします。
[PR]
by ayabe-uegaki | 2012-02-21 06:00 | Comments(0)

        冷蔵庫の野菜室に入ったままになっていた梨とりんご。

        梨は北斗農園産の新興梨、りんごは長野産の紅玉です。(各一個)

           なんとかしないとシワシワになってしまいます。

            そこで、自家製タレを作ることにしました。

  作り方はとっても簡単。すりおろした梨とりんごにニンニク醤油と柚子胡椒を混ぜるだけです。

    でも、その比率が微妙です。少しずつ加減しながら、ニンニク醤油を加えていきます。

             最後に柚子胡椒を、大さじ1杯加えます。

b0246036_11373724.jpg


b0246036_11383916.jpg


岩塩でうすく下味をつけた豚肉を、カリカリにこげめがつくまでやきます。
上からさっきのタレをかけていただきます。梨の甘味とりんごの酸味とニンニク醤油があってます。柚子胡椒
のピリッとした辛さがきいてます。

b0246036_11542056.jpg


        新ごぼうと油揚げ入り銀杏ごはんといっしょに、夕食にいただきました。
[PR]
by ayabe-uegaki | 2012-02-20 06:00 | Comments(0)