京都・綾部 北斗農園をめぐる生活 yuzunomori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

京都・綾部でのこだわり生活


by ゆずの守り
プロフィールを見る
画像一覧

<   2012年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧



b0246036_8362431.jpg

レモングラス・・・イネ科オガルカヤ属
数少ないイネ科のハーブで
全草にレモンに似た芳香を持ち
料理の香辛料やティーに適します。
b0246036_8424951.jpg

寒さに弱く地植えで越冬させることが難しいです。
二年続きで冬期に枯らしてしまいました。
今年こそはと春先に買い求めた2株が元気に育っています。
ススキに似た葉を切って鶏肉や豚肉にはりつけておくと
肉の臭みがぬけます。
ハーブティーにしてもおいしいです。

ハーブの中では使い勝手のいい方です。

【豚肉とささげ豆の甘辛味噌炒め】
b0246036_8543799.jpg

ゆがいたささげ豆と豚肉を炒め
甘辛味噌で味付けします。
付け合せに長いもを皮をむいて輪切りにし
フライパンで素焼きしたものをそえます。
サクサクした食感が楽しめます。

【モロヘイヤとツルムラサキのポン酢和え】
b0246036_8585994.jpg

ネバネバどうしの組み合わせです。
一緒にゆがいて、鰹節をまぜてポン酢で和えます。
冷たくして食べるとのどごしがいいです。
[PR]
by ayabe-uegaki | 2012-08-31 09:01 | 未分類 | Comments(4)

尊敬する大先輩四方克代さんとお話する中で
 (四方さんは元綾部市農業委員で地場野菜生産グループ八田芽のリーダーです。)

『もう新米を食べた?まだ?』と言うことから

『生産者が収穫物の中で、一番いいものを真っ先に食べてどうする!』ということになり

『A級品は売って、B級品を食べてこそお金になる』との事で一致しました。

生産者とは悲しいもので

収穫物を売って生活の糧を得ているわけですから

A級品はみんな売って換金しないといけないのです。

だから生産者というのは、いつもいつも

売り物にならないものばかり自家消費しているのです。

これって本当にシビアな現実だと思いませんか?007.gif

【ツルムラサキとえのき茸のポン酢和え】
b0246036_23255248.jpg

適当な長さに切ったツルムラサキとえのき茸をゆがき
ポン酢をかけてかつお節をのせるだけです。
カンタン調理です。
【ゴーヤの素焼きポン酢和え】
b0246036_2328521.jpg

オープントースターで丸ごと素焼きしたゴーヤを刻んで
鰹節とポン酢をかけるだけです。
【なすとささげ豆のチャーハン】
b0246036_23314045.jpg

[PR]
by ayabe-uegaki | 2012-08-30 06:00 | 未分類 | Comments(0)

今日は滋賀県から4人の方が
ぶどうと栗の栽培を学ぶために来綾されました。
私も学ばせていただこうと同行させていただきました。

綾部市吉美地区にあるOさん管理の栗園です。
2町近くある栗園をおひとりで管理されているそうです。
b0246036_2135042.jpg

工業団地の会社や小学校と隣接していて
真向かいには高速道路も走っているのに
熊がでるそうです。
9月になれば栗の収穫が始まるそうです。
b0246036_2162522.jpg

さまざまな品種が植えられていて
おまけに極力農薬を使わない栽培を実践中だとか
ひとかかえもある栗の木の大木に感激です。

長田野工業団地近くのTさんのぶどう園です。
今ではほとんど作る人がいない品種バッファローです。
b0246036_21131094.jpg

べりーAよりも小粒ですが
独特の風味があります。
b0246036_21143590.jpg

Tさんもこだわりを持って栽培されています。
でも直売所ではそのこだわりが
消費者に伝わっていないので
他のぶどうと同じくくりになってしまっているようです。
b0246036_21203368.jpg

生産者のこだわりや努力はなかなか
消費者には伝わりにくいものです。
どうすれば理解してもらえるのか課題です。

【バジルとトマトと玉ねぎのサラダ】
b0246036_21203950.jpg

スライスした玉ねぎとちぎったバジルを塩でかるく揉みます。
それを切ったトマトと混ぜハーブソルトをふりかけます。
全体にオリーブオイルをかけてできあがりです。
あず木弁当】
b0246036_21251173.jpg

昼食は綾部市中ノ町の あず木 のお弁当にしました。
[PR]
by ayabe-uegaki | 2012-08-29 21:27 | 未分類 | Comments(0)

連日37度近い暑さに、ウンザリしています。
今年は京都市内よりも舞鶴の方が
気温が高いのだそうです。

毎年お盆の頃に咲く高砂ゆりです。
b0246036_9195627.jpg

たくましいゆりで高速道路や野原に咲いています。
b0246036_9234349.jpg

我家の周囲にも自然にひろがって50本ほどあります。

高砂ゆりの花が風に揺れるさまを見ていると
少しだけ涼しさを感じます。

【ハーブチキン】
鶏のもも肉をにんにく醤油・ハーブソルト・レモングラス・バジル・トマトの輪切りなどに
ひと晩漬けこんで冷蔵庫にいれておきます。
b0246036_9334272.jpg

それを蒸します。
さらにフライパンでじっくりと焼きます。
b0246036_9351532.jpg

その油で焼いたししとうと盛り合わせます。

【かぼちゃのそぼろ煮】
鶏肉を蒸した時にでた肉汁でかぼちゃを炊きます。
ささげ豆と合挽きミンチも加えます。
b0246036_9404895.jpg

[PR]
by ayabe-uegaki | 2012-08-28 09:42 | Comments(0)

草だらけのなす畑です。
b0246036_2135584.jpg
b0246036_214961.jpg


一生懸命草をひいていると
お隣の93歳になるおばあさんがわざわざ私のそばに来て
『このなすは日焼けしとるな。』と教えてくれました。
つまり、水不足でなすが弱っているということなのです。
道に面している畑なので
通りかかった人がいろいろと言ってくれます。

早速 草を引いた後 水をなすにやりました。

b0246036_2154494.jpg
b0246036_2161129.jpg

【ささげ豆入りのやきそば】
b0246036_2182147.jpg

さっとゆがいたささげ豆を焼きそばに入れます。
結構おいしいできあがりです。
[PR]
by ayabe-uegaki | 2012-08-27 21:02 | Comments(0)

8月26日京都テルサで開かれた ほっこり市に出店しました。
北斗農園のぶどうや上柿の栽培したお米を販売しました。
お客様に聞かれたのは『来月は新米を持ってきてくれますね。』とのことでした。
『我家は田植えが遅いので来月15日には無理です。』とお答えしましたが
新米願望にはビックリです。
生産者の常識としては
昼夜の温度差がない時期に収穫する早生はおいしくないということなのです。
しかもコシヒカリは年を越した方が
タンパク質が安定しておいしいと言われています。
もうひとつ驚いたのは銘柄にこだわりがないということです。
山科の農家さんがキヌヒカリを我家のコシヒカリと同じ値段で販売されていました。
多くのお客様が買い求められていました。
同じ値段ならばコシヒカリの方がお買い得だと思うのですが
消費者にとっては同じお米なんですね。

コシヒカリの方がお米としてのランクは上なんですが、
関係ないということなのでしょう。

ぶどうを売っていてもおなじことでした。
巨峰も藤稔も同じぶどうなのです。
おいしければいい・・・たいして差異はないということでしょうか
果樹業界ばかりが果物の差異にこだわって
消費者にとってはよほど味に差がない限り
品種名なんて関係ないのではと思いました。

【赤ピーマン入りマーボーなす】
b0246036_21334971.jpg

赤くなったピーマンを加えてみました。
[PR]
by ayabe-uegaki | 2012-08-26 21:34 | Comments(2)

秋の気配とともにぶどうの収穫が始まりました。
藤稔(ふじみのり)という大粒の品種です。
b0246036_11185624.jpg

スーパーで販売されているのは
1粒がピンポン球くらいの大きさです。
これはもう少し小粒です。
b0246036_11212662.jpg


【芋づるの料理】
さつまいものつるの1部分を食べます。
さっとゆがいて、ざっと皮をむき
3cmくらいに切って油で炒め
だし・しょうゆ・みりんで味付けします。
シャキシャキ感がなんとも言えません。
b0246036_11272611.jpg

横にのびているさつまいものつるを刈ってきて
つるからはずし、葉っぱの部分をちぎって軸を調理します。
b0246036_11305511.jpg

食物繊維が豊富でクセのない味です。
[PR]
by ayabe-uegaki | 2012-08-25 11:31 | Comments(0)

連日 稗ぬきに田んぼへ通ってみると
作業の大変さに閉口してしまいます。
と同時によそ様の田んぼはどうなっているのかと
気になってついつい目がよそ様の田んぼに・・・
b0246036_11164259.jpg

整然と並んだ稲穂の美しさ
やがて稲穂は黄金色となり風に稲穂の波が揺れます。
b0246036_11195679.jpg

こちらはわが田んぼです。
手前下には稗の山、右手上には稗の群生が青々と見えます。

家から田んぼまでの道中(8キロ)には
さまざまな田んぼの景色がひろがっています。
だいたいは美しく稲穂のたれる水田なのですが
所々わが田んぼと同じようなのがあります。

田園の秋の風景をぶち壊していることに
自責の念にかられながらも
来年こそはと思っています。

【なすの炒め物醤油糀味】
輪切りにした長ナスとベーコンを炒め
さらにもやしを加えて醤油糀で味付けします。
b0246036_11324042.jpg

【鯖のきずし】
市販の鯖のきずしに
隠れるほどの青しその刻んだのをかけます。
b0246036_11353649.jpg

[PR]
by ayabe-uegaki | 2012-08-24 11:36 | 未分類 | Comments(0)

8月も洋裁のおけいこに行ってきました。
b0246036_11265782.jpg

100円で買った綿ブロードの端切れでつくりました。
襟なしの服なのですが
綿ブロードは目が詰まっていて暑いので
涼しくなったら着ようかなと思っています。
袖口にゴムを入れてかわいい感じにしました。

【おけいこランチ】
b0246036_11332965.jpg

暑さを乗り切るには豚肉です。
紅茶豚のようにゆがいてタレに漬けこんだのと
下味をつけて油で揚げたのとです。
b0246036_11361520.jpg

ゴーヤを素焼きにして刻み
かつおぶしをかけて醤油味でいただきます。
b0246036_11381620.jpg

春雨ときゅうりと人参の酢の物です。
[PR]
by ayabe-uegaki | 2012-08-23 11:39 | 未分類 | Comments(0)

三尺ささげ豆


三尺ささげ豆(十六ささげ豆)は
早め早めにさやをもぎとって食します。
とり遅れたさやはそのまま育て
中の実をとるようにと野菜つくりの本に書いてあったので
大きくなったさやは収穫して豆にしました。
b0246036_10432034.jpg

こうして見ると虫のようですが豆です。
b0246036_10442337.jpg

左から青いさやが乾いていって
中から小豆より小さい勾玉形の黒い豆があらわれます。
お米といっしょに炊くと赤飯もどきになるそうです。

【チキンの醤油糀焼き】
スーパーで醤油糀というものを見つけました。
醤油の代わりとして使えるとあったので
チキンとバジル・ジャンボにんにくと混ぜ合わしてみました。
b0246036_10533886.jpg

フライパンで蒸し焼きにしました。
b0246036_1055162.jpg

チキンを焼いた後の油でとうがらしを炒めました。
醤油糀は調味料としては、なかなかイケテルのではと思います。
【ささげ豆のキンピラ】
b0246036_1059539.jpg

ささげ豆は少量の塩を加えて下ゆでしておくと
おいしさがアップします。
[PR]
by ayabe-uegaki | 2012-08-22 11:01 | Comments(0)