京都・綾部 北斗農園をめぐる生活 yuzunomori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

京都・綾部でのこだわり生活


by ゆずの守り
プロフィールを見る
画像一覧

<   2014年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧



綾部で白木蓮が咲く頃になると
b0246036_1822430.jpg
b0246036_1823442.jpg


畑の片隅では、にらが大きくなってきます。
b0246036_1833867.jpg

一握りくらいのにらを収穫しました。
b0246036_1843859.jpg

早速にら玉にして、いただきました。

糸のような春の雨が降ると、庭の原木椎茸がニョキニョキと顔を出します。
b0246036_188517.jpg

バター炒めにしました。春の日の食卓です。
[PR]
by ayabe-uegaki | 2014-03-31 18:08 | 畑の作物 | Comments(0)

今週は閉店間際の午後6時過ぎに、魚幸さんへ行ってきました。
次から次へと来店されるお客様に圧倒されました。
まさに町の魚屋さんです。
夕飯の食材を求めて、来店される仕事帰りの方が多いようです。

【たれくち鰯】
b0246036_14101010.jpg

たれくちいわし?かたくちいわしの間違いでは?
舞鶴では、『たれくちいわし』と言うのでしょうか。
生姜と甘辛く炊いてみるつもりです。
【イカのブツ切】
b0246036_1413143.jpg

【舞鶴産生わかめ】
b0246036_14154888.jpg

【新じゃがいもとイカとわかめの炊き合わせ】
b0246036_1416339.jpg

小さな新メークインじゃがいもが1キロ100円(地元スーパー)で売られていました。
1袋に33個入っていました。生わかめとイカと炊いてみました。
一鍋分で材料費505円は安い!と自己満足です。
【鰆の切り身】
b0246036_1422328.jpg

旬の内に食べておかないとと思い、またまた買ってしまいました。
【鯵の刺身】
b0246036_14235610.jpg

消費税が上がったら、1パック250円では買えなくなるんでしょうね。
[PR]
by ayabe-uegaki | 2014-03-29 14:25 | 上柿の食卓 | Comments(2)

彼岸桜開花


彼岸桜の名の通り、春の彼岸ぎりぎりに開花しました。
b0246036_9303150.jpg

b0246036_9311396.jpg
b0246036_9312141.jpg

b0246036_9322454.jpg

ソメイヨシノ桜は、ようやく蕾の色が覗いたくらいなのに
彼岸桜はもう満開です。

【鶏ミンチの大根炊き】
b0246036_9374762.jpg

トウ立ちした大根を、鶏ミンチと椎茸で炊きました。
[PR]
by ayabe-uegaki | 2014-03-28 09:37 | 未分類 | Comments(0)

ジャンボにんにくに似た西洋葱ポワロ・・・別名リーキを食べてみました。
b0246036_11243824.jpg

加熱するとおいしいときいたので、茎も葉っぱも5センチほどに切って
それを芯にして豚肉の薄切りで巻いて、醤油とみりんで大根と炊きました。

豚肉のだしを吸ったポワロがとろけるようなおいしさでした。
あまりにもおいしかったので、残っただし汁を使って豚汁風煮物にしました。
b0246036_11302899.jpg


北斗農園の梅林が見ごろになりました。
b0246036_1134267.jpg

b0246036_1132239.jpg
b0246036_11323917.jpg
b0246036_11325545.jpg

次に李の花が咲いて、桃の花が咲いて、北斗農園は一年で一番華やかな時季を迎えています。
[PR]
by ayabe-uegaki | 2014-03-27 11:37 | 北斗農園 | Comments(0)

北斗農園にはヨモギがいっぱい自生しています。

果樹に醗酵鶏糞を施肥としてまくので、
ヨモギもその恩恵にあずかり、柔らかです。

今年も綾部市内のお餅屋さんからヨモギの注文がありました。

お餅に使用される一年分のヨモギを、
この時期に冷凍しておかれるのだそうです。

北斗農園には、そこかしこ勝手にヨモギが生えているというものの
外側の茶色い葉っぱを掃除しながらのヨモギ摘みは時間がかかります。

ヨモギの大きさにもよりますが、一時間で300gほど摘めます。

100g100円が売価で、手数料を差し引かれると、255円です。
b0246036_10591734.jpg


野草ではありますけれども、売るとなると儲かるには、ほど遠い感じです。

【ヨモギと蕗のとうの天ぷら】
b0246036_112153.jpg

秋鮭のフライを添えました。
[PR]
by ayabe-uegaki | 2014-03-26 11:06 | 北斗農園 | Comments(2)

お天気が悪かったり、強風が吹くと、舞鶴の漁船は出漁しないそうで、
魚幸さんも地魚の入荷が少なくなるそうです。

スーパーにはいつ行っても、魚が並んでいますが、
それは冷凍物であったり、養殖物の魚が多いからです。
本来の鮮魚というのは、お天気に左右されるシロモノなのでは?

【すずきの刺身】
b0246036_910448.jpg

カルパッチョにしようと買ったのですが、そのまま食べてしまいました。
すずきは鯛よりも、身が柔らかです。

【舞鶴産生わかめ】
b0246036_912910.jpg

冷たい冬の日本海でそだったわかめは、何とも言えないおいしさです。

【鱈の切り身】
b0246036_9143582.jpg

耐熱皿に並べて、イタリアンパセリや玉ねぎのスライスを散らして
塩コショウをぱらりとかけ、レンジで加熱すれば簡単料理のできあがりです。

【いか醤油漬け】
b0246036_9180100.jpg

拍子木に切って、フライパンで加熱したのを酢の物に入れるといいです。
[PR]
by ayabe-uegaki | 2014-03-25 09:23 | 上柿の食卓 | Comments(0)

庭のクリスマスローズ


今年は庭のクリスマスローズの花がいっぱい咲きました。

濃い紫色のも今年初めて咲き
b0246036_7434437.jpg

他の色のクリスマスローズの花数も多くて
b0246036_745998.jpg

庭の一隅が明るくなりました。
b0246036_7473839.jpg

白色のクリスマスローズも清楚でいいなと思う反面
b0246036_749311.jpg

交配してできたピンク系のクリスマスローズも可憐です。
b0246036_75038.jpg

b0246036_7502399.jpg


クリスマスローズのブームは終わったそうですが、
我家の庭ではこぼれ種からどんどん増えて、勢力を増しそうです。

【紅くるり大根とイカくんのオリーブオイル和え】
b0246036_7542670.jpg

小口切りにしたセロリと拍子木に切った紅くるり大根をイカくんと
オリーブオイルで和えるだけです。

紅くるり大根は、紅くならないのもあります。
でも瑞々しくて、柔らかな大根です。
b0246036_75839100.jpg

[PR]
by ayabe-uegaki | 2014-03-24 07:59 | 庭の草花 | Comments(0)

2月24日のブログでご紹介した福井県高浜町のログ・ペンション秋岡屋へ
桃のお花見に行ってきました。

姫路から来てくれた妹と、北斗農園の母と、北斗農園の研修生の鈴木君と私の4人で行きました。

中山寺へ通じる急な坂道を登っていくと、視界にとびこんでくる紅の色。
そこだけあでやかに彩られた空間が広がっています。
b0246036_8433081.jpg

b0246036_846221.jpg
b0246036_8465669.jpg
b0246036_8471130.jpg

ログハウスとのコントラストも見事で、暮色の中に溶けていく桃の花を堪能しました。
b0246036_8581683.jpg



お花見弁当はこちら。
b0246036_8583774.jpg


綾部で600円で買えるお寿司です。
中身と値段と味がつりあっていると、秘かに思っている品です。
[PR]
by ayabe-uegaki | 2014-03-23 08:54 | 未分類 | Comments(0)

らら京都(京都府男女共同参画センター)の講座や手作り市で、親しくお付き合いさせていただいている
【京小物 登古呂】さんのバッグを買いました。
b0246036_10421654.jpg
b0246036_10423269.jpg


80歳を過ぎてられるのに、常に前向きで、人生の先輩として学ぶべきことが多々あります。

若い頃は写真に凝ってられたとかで、美的センスの良さはバツグンです。

洋裁もお上手で、袋物はもちろん、洋服の仕立てもされます。

これまで興味を持ってされてきたことが、ひとつも無駄にならずに活かされて
生業として形になっていることに、励まされます。

このバッグも細かいところまで配慮がなされていて、使い勝手のよいものになっています。
(例えば左右どちらからでも開け閉めできるファスナーだとか、
生地がゴブラン織りなので、本体着装のレインカバーがついています。)

お客様の声を丹念にきいて、日々改良をされている柔軟性に頭が下がります。

と同時に、何かの技を身につけ、精進していけば、
生活の糧を得ることができるというお手本のような方です。

このバッグは7500円でした

【ブロッコリーのチーズ焼き】
b0246036_1110230.jpg

【ちりめんキャベツの味噌炒め】
b0246036_1110597.jpg

[PR]
by ayabe-uegaki | 2014-03-22 11:11 | 手仕事 | Comments(0)

自家採種の結果は?


中国野菜のコウサイタイは、独特のコクがあって、早春に採れるので重宝します。

比較的栽培しやすいので、ここ二年ほどは自家採種の種を蒔いています。

紅い茎のばかりを選んで採種しているのですが、
b0246036_925682.jpg

紅い茎(左)の株に対して、青い茎(左)の株が4:1の割合で出現しました。

青い茎のもゆがいてみると、きれいな緑色になって味は同じでしたが
コウサイタイもどきということで、コウサイタイとして売るのはどうでしょう?

買った種ならば、紅い茎のコウサイタイができて、全量売り物になります。

でも、種の自給ということも、できるところからこだわってやっていきたいのです。

【青茎コウサイタイともやしのピーナッツ和え】
b0246036_9313610.jpg


コウサイタイのもつ形質が安定するまで、自家採種を繰り返すしかないのかもしれません。

【春野菜の塩麹炒め】
b0246036_93677.jpg

[PR]
by ayabe-uegaki | 2014-03-21 09:37 | 畑の作物 | Comments(0)