京都・綾部 北斗農園をめぐる生活 yuzunomori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

京都・綾部でのこだわり生活


by ゆずの守り
プロフィールを見る
画像一覧

目ざせ自給自足!


       なに気なく庭を眺めていたら、めについたのが月桂樹。

           去年剪定するのを忘れていました。

     上質のロリエができそうです。太い枝は、燻製を作るときに使いましょう。

b0246036_7111523.jpg


     今日の食材を探して、庭(ほったらかしなので原野に近い)をウロウロ。

         収穫物は、ふきのとう・よもぎ・ゆきのしたでした。畑の九条葱も加え

     これに細魚(サヨリ)の開いたのとで、例のごとく米粉てんぷらにしました。

b0246036_7211241.jpg


        今回の水菜料理は、ちくわと水菜のポン酢あえです。

b0246036_7265566.jpg




ちくわを縦半分にして、次に横に1cm幅に切ります。それをごま油でカリカリに炒めます。
3cmにざく切りにした水菜にアツアツのちくわを加えてポン酢であえたら、できあがりです。
[PR]
# by ayabe-uegaki | 2012-03-03 07:34 | 未分類 | Comments(0)

  毎日知り合いのハウスに通っては、水菜の収穫に励んでいます。

     毎食水菜をいかにして料理するか、頭の中はそればかりです。

b0246036_7161486.jpg







水菜をきくらげ入りてんぷらと炊きました。あっさりと薄味です。

b0246036_7184564.jpg









水菜のほかにこだわっているのが、塩麹です。
使いこなせないのが悔しい。
鯖に塩麹をまぶして、米粉でムニエルにしました。

b0246036_7231361.jpg


 水菜のキムチとごぼうのきんぴらを炊き込みご飯にリメイクしたものです。
[PR]
# by ayabe-uegaki | 2012-03-02 07:26 | Comments(0)

      知人のおかげで、一夜にして水菜長者になりました。

          おいしく、たのしく水菜をたべなくては!

b0246036_10212579.jpg





鶏ミンチに生姜のすりおろしたのと、塩麹と米粉を適当に混ぜてつくねにしました。それをだしに3cmに切った水菜とゆでた人参、豆腐、生椎茸をいれて鍋にしました。柚子胡椒を入れていただきます。

b0246036_10283243.jpg



米粉200gに水100cc、卵2個、長いも15cm塩麹大さじ2杯、水菜400gを加えてよくまぜます。
水菜は2~3cmに切ります。片面に豚肉の薄切りをはりつけて焼きます。

b0246036_1039823.jpg


      お好み焼きソースと鰹節のトッピングでいただきます。

         水菜のシャキシャキした食感が味わえます。


定番のサラダも作ってみました。

b0246036_1054770.jpg

塩紅鮭の身をゆがいてほぐしたもの、卵焼き(塩麹のみで味付け)の細切り、3cmに切った水菜を、マヨネーズ・塩麹・柚子果汁・オリーブソースのドレッシングと混ぜ合わせます。









b0246036_10585967.jpg






中華風サラダです。ゴマ油でちりめん雑魚を炒めます。そこへ砂糖と食酢を加え、最後に柚子胡椒醤油を
いれます。3cmに切った水菜に、先のたれを熱いうちにかけてまぜます。
         


         




              


          水菜を焼きそばに、キャベッツがわりに入れてもいいです。

             水菜の胡麻和えも量が食べれます。

           

             
[PR]
# by ayabe-uegaki | 2012-03-01 11:20 | Comments(2)

2月のビックリ


                 2月のビックリです。


しいたけの原木を買いましたが、いっこうにあがりません。

逆さにしたらあがると言われて上下をひっくり返したら、本当にあがりました。

b0246036_21375241.jpg








ニョキニョキといっぱいあがりました。おまけにひっくり返した原木すべてがです。

b0246036_21393283.jpg




      この長さ25メートルのハウスの水菜を、好きなだけ採ってといわれてビックリです。

出荷できるサイズになっていなかったり、葉の青さが薄いので売り物にならないからだそうです。

       無農薬・有機肥料栽培でとっても美味しい水菜なのに、もったいないことです。
[PR]
# by ayabe-uegaki | 2012-02-29 06:57 | 未分類 | Comments(0)

       今評判の塩麹、知人に手作りの麹をわけてもらって挑戦しました。

        彼女曰く、『びっくりするほど、おいしいものではない感じ。』

         さらに、指示されたとおりの塩の分量では塩辛いとか。

        そこで、麹・塩・水の比率は3:1:4と言われているのですが、

         私は塩の比率を0・7にしました。(塩はピンクの岩塩を使用)

b0246036_652237.jpg





ジップロックに麹・塩・水を入れて、外からよくもんで常温で置いておきました。

b0246036_6553755.jpg







二日たっても変化なし。やたら塩辛いだけ。そこで気づきました。
常温といっても、台所の水道も凍結する気温で、発酵するには温度が足りないのでは?そこで日中はぬるま湯の中にいれておくと、一週間で塩麹らしきものができました。

b0246036_761425.jpg








早速舞鶴産さわらの切り身を塩麹に一時間ほど漬けこんで、米粉をつけてムニエルにしました。
塩加減もちょうどでおいしかったのですが、もともとがおいしい魚なので、塩麹のおかげとは??

b0246036_713298.jpg









次に秋鮭のスキンレス切り身を塩麹に漬けこみました。そのまま素焼きにしました。素材の味がいかされている味でした。





      


       塩麹を使うと劇的においしくなると聞いていたので、期待しすぎたように思います。

        確かにおいしくなるのですが、魔法の調味料というわけではないような・・・

                 今後、いろいろと試してみないとわかりませんが。
[PR]
# by ayabe-uegaki | 2012-02-28 07:27 | 未分類 | Comments(0)