田舎に暮らすという事

   北斗農園の経営継承者である鈴木さんは、10月から地元物部町で暮らしはじめました。

   子どもたちは4月の新学期から物部保育園と物部小学校に通っています。

   物部でのさまざまなつながりや知り合いも増えて、
   鈴木一家の存在も知られるようになりました。

   そこで過疎による慢性的な人手不足に悩む物部地域にとっては、
   鈴木さんはまたとない助っ人らしく
   秋祭りの要員や保育園と小学校のPTAの役などが怒涛のように押し寄せてきています。
   まして、彼は農業という自営業ですから、時間の自由がきくと思われているようです。
   晴天の農作業日和にも、PTA活動などに出かけていきます。

   農作業には旬というのがあって、時季を逃すと作物がうまく育たないことがあります。
   鈴木さんは地域に受け入れてもらうためにも、地域のおつきあいを優先しているようですが
   農園経営の側からみると、どうかな?と思うこともあります。
   
b0246036_15474090.jpg

   北斗農園の銀杏が一斉に色づいてきました。
   
b0246036_1549761.jpg

   15本ほどの銀杏が黄色くなる景色には圧倒されます。
   
b0246036_1550543.jpg

   銀杏のすぐそばには、野菊が咲いていました。
   
b0246036_1552833.jpg

[PR]
# by ayabe-uegaki | 2016-11-22 15:52 | 北斗農園 | Comments(0)

北斗農園のお手伝い

   6日(日)は北斗農園の地元・物部地区の文化祭でした。

   今年も出店することにしたのですが、後継者の鈴木さんも物部地区の住民になったことだし
   彼が中心になって、出店の準備及び出店すればいいと思っていました。

   ところが、当日家族中で参加した鈴木さんは、1歳半になる坊やの面倒をみたり
   小学1年生の娘さんの合唱のステージを見に行ったりと。店番どころではありません。

   結果、午前中は夫が、午後は私が店番のお手伝いをしました。
    
   しばらくは、北斗農園のお手伝い要員として、かかわっていかないといけないようです、

   北斗農園の銀杏もようやく色づきはじめました。
   
b0246036_14502738.jpg


   道沿いに何本もの銀杏の木があるので、黄色の葉っぱがひらひら舞う光景は美しいです。
   
b0246036_14531594.jpg

   でも、熊の出没がひどくて、柿林の中へは連日のように出て来ています。
   市の農林課によると、今月になってから熊の目撃情報が綾部市だけで73件あったそうです。
   
b0246036_14571992.jpg

   柿林の手前にはみかんが実っています。熊ってみかんも食べるのでしょうか?
[PR]
# by ayabe-uegaki | 2016-11-08 14:59 | 北斗農園 | Comments(0)

  先月からずっと野菜の値段が高騰していますが、
  我が家では、なんとか自家野菜でまかなっています。
  
b0246036_1627714.jpg

  琉球四角豆と丸オクラが家で食べる分くらいは採れます。
  イワシのつみれのから揚げと、琉球四角豆と丸オクラの天ぷらです。
  四角豆は切ってゆがいて、ウインナと炒めてみました。
  
b0246036_16362554.jpg

  
  きゅうりもまだなっていますし、赤ピーマンもパプリカ替わりになります。
  
b0246036_1637611.jpg


  とうがらし類やなすも細々と食べるくらいはできます。
  
b0246036_16373866.jpg

  
[PR]
# by ayabe-uegaki | 2016-11-05 16:38 | 上柿の食卓 | Comments(0)

栗入り青小豆ごはん

   小豆の収穫時季になると、必ず作るのが青小豆ごはんです。
   
b0246036_13231595.jpg

   青い莢の小豆を生のままで(乾燥させずに)、お米と一緒に炊飯します。
   (栗は前もって堅めに湯がいておきます。)

   この前の日曜日に京都から北斗農園に来られた若いM夫妻が
   母が炊いた栗入り青小豆ごはんを召し上がって、感激されていました。

   我が家では、紫白菜のベーコン鍋といただきました。
   
b0246036_133143100.jpg

[PR]
# by ayabe-uegaki | 2016-11-02 13:32 | 上柿の食卓 | Comments(0)

   小さめですが、のど黒の干物はやっぱり最高においしいです。
   
b0246036_151839.jpg

   生協の共同購入で、無頭160グラム430円でした。(手前は秋刀魚干しです。)
   今頃の季節になると、JAの直売所で買い求めるのが里芋の親芋です。
   
b0246036_15232982.jpg

   赤芽芋の親芋が美味しくて、皮を厚めにむいて炊きます。
   500グラムで150円でした。炊くと鍋いっぱいになり、3日間食べるハメになりました。
[PR]
# by ayabe-uegaki | 2016-10-30 15:25 | 上柿の食卓 | Comments(0)