「老い」を生きる母から学んだこと yuzunomori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

京都・綾部での老親の暮らしつれづれ


by ゆずの守り
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

エッー!ありえないこと!


もくもくフェスタで販売する柿を、前日袋詰めしました。

北斗農園で研修中の鈴木さんに、収穫してきた柿の選別と磨きをしてもらいました。

タオルで一個一個柿の表面を磨いてもらいました。

鈴木さんは丁寧にそしてきれいに柿の表皮を磨いてくれました。

それぞれ品種ごとに袋の詰めて、翌日もくもくフェスタで陳列しました。

並べた柿を見てみると、前日母と二人でしっかりと選別したはずなのに
表皮が傷ついて黒ずんだ柿が混じっていました。

「?」一瞬なんで?と思いましたが、すぐに納得しました。

鈴木さんが強い力でゴシゴシとこすり過ぎて、表皮を傷つけてしまったのです。

柿の表皮を磨く力の度合いなんて、説明のしようもなくて・・・
経験の中で身につけていくものなのかもしれないけれど・・・・・

プッチッと切れそうになった一幕でした。

秋の日の晩ごはんです。
【むかご入り炊き込みごはん】
b0246036_995811.jpg

【秋ナスの煮物】
b0246036_9104119.jpg

【レモングラスのスープ】
b0246036_9114854.jpg

【ハム入り卵焼き】
b0246036_9122311.jpg

by ayabe-uegaki | 2015-10-13 09:13 | 北斗農園