「老い」を生きる母から学んだこと yuzunomori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

京都・綾部での老親の暮らしつれづれ


by ゆずの守り
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

老いるという事・・・その2


  北斗農園の母は、この頃耳が遠くなってきました。

  娘の私には会話の途中でも、何度でも『聞こえない!』といいますが、
  さすがに、鈴木さんにはそうもいかず、結果、聞いたフリになってしまうようです。

  年老いた夫の両親との同居経験のある私は、
  母の反応をみて『聞こえてないな!』との判断をしたりします。
  でも、若い鈴木さんには無理な事のようで、
  後で、『言った。』『言ってない。』とか『聞いてない。』とかのトラブルになります。
  挙句に、鈴木さんから『お年のせいです。』と言われて憤慨している母です。

  年齢を重ねるにしたがって、体の機能は低下していきます。
  しかし、機能低下の度合いを具体的に表す数値などなく、
  周囲が考えながら、対応していくしかないようです。

  【ゴーヤチャンプルー】
  今夏ほどゴーヤを食べた事は、過去にはありませんでした。
  というのも、長男のお嫁さんが沖縄出身で、本場仕込みの作り方を教えてもらったからです。
  
b0246036_14292250.jpg

  白ゴーヤも普通のゴーヤも、種を取って横に薄切りしたら、水に30分以上さらしておきます。
  (今回は生きくらげも入れてみました。)
  
b0246036_14315929.jpg

  沖縄ハムのコンビーフハッシュか豚肉を、定量の三分の一だけ入れます。
  
b0246036_143412100.jpg

  仕上げに、シーチキンの小缶を入れるのが、沖縄での定番だそうです。
[PR]
by ayabe-uegaki | 2016-10-15 14:37 | 北斗農園 | Comments(0)