「老い」を生きる母から学んだこと yuzunomori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

京都・綾部での老親の暮らしつれづれ


by ゆずの守り
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

久保柿と隼人瓜


   ついこの間まで、『暑い!十月なのになんでこんなに暑いのか!』と
   イラついておりましたが、季節はしっかりと秋へと移ろってきました。

   
b0246036_8412663.jpg

   庭の久保柿も今年は生り年のようで、たくさん実をつけています。
   久保柿は半甘半渋の実が多いので、吊るし柿にしたらいいのですが
   こうも気温が高いと、うまく吊るし柿にならないと躊躇していました。

   ところが『日本農業新聞』に、2日de干し柿という記事が載っていて
   簡単に干し柿ができることをしりました。
   柿は渋柿でなく甘柿でもできるそうです。少しかための柿を使うのがポイントだとか。
   【作り方】
   柿の皮をむいてスライスしたものに虫よけのカバーをかけて、天日で干す。
   天気が悪い場合は冷蔵庫の中に入れっぱなしでもよい。

   (なんとまぁ!早速作ってみましょう。)

   
b0246036_941891.jpg

   隼人瓜も十月になってから花が咲きだして、小指くらいの実がなりだしたと思ったら
   日に日に大きくなって握りこぶしくらいの実がゴロゴロとぶら下がっています。
   トータルで何個くらい収穫できるか、楽しみです。

   
   
   
[PR]
by ayabe-uegaki | 2016-10-23 09:09 | 田舎暮らし | Comments(0)